スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

BRM525東京200十和田でダイエット:part3~さよなら、位置エネルギー。またね、十和田。~

出ようと思った心境編
準備編1
準備編2
Part1
Part2

発荷峠展望台(78.4km地点)から十和田湖畔迄は一気にダウンヒル!
実は出発時に、”特に北海道からの参加者へのメッセージ”として注意事項が伝達されました(有り難や)。
「北海道のダイナミックなダウンヒルとは異なり、斜度も強く、ツイスティーですから、下りだからといって飛ばさない様に!」

確かに全然違うんです。
Twisty, 加えてこの日は雪解け水が流れ込みSlippy、砂も浮いていてDirty、アスファルトの路面もBumpy。
注意を聞いていなかったらあっさりと路肩に突っ込んでクラッシュリタイヤでしたでしょうね。
こういう違いもあるんですなぁ。
・・・そして、誤算。

すっごい寒い!!


なんですか。下りを抜きにしても標高が高かったさっきより明らかに寒い。
十和田湖周囲の外輪山が冷気を貯め込む様に作用しているのかもしれません。
湖畔も激寒でした。

IMGP0274_2.jpg

湖畔近くに降りてきました。
寒さにうち震えながら、湖畔沿いを走ります。
ブレーキレバーとかもう、キンキンに冷えていましたね。あそこは一体何度だったのか・・・。

IMGP0277_2.jpg

全然車とか通りません。自転車乗り的には快適。
湖面は鏡の様。
水も綺麗。
桜と一緒に。なんかいいなぁ。

IMGP0278_2.jpg

綺麗な森林を抜けていきますが、また登り。
ここも登坂がキツいっ(ToT)

IMGP0281_2.jpg

シークレットポイントである瞰湖台に到着。Quiz形式www
(トイレの裏のベンチは二つですw)

その後、やはりTwistyなダウンヒルをしたあとは・・・。

IMGP0283_2.jpg

奥入瀬渓流に突入です!!
(キリストの墓にも惹かれますが、28kmx2も寄り道できないしwww)

97.4km地点。時刻は11:25。
んー。1時間で20km進んでいないではないか・・・はぁはぁ。
でも、奥入瀬渓流の区間は高々13.7km。下り基調ですから、30分くらいで駆け抜けて、12:00には八甲田山への登坂を始めることが出来ちゃったりして(甘い観測)。

子の口の信号を右折するとすぐにこんな風景が。。。。水がエメラルドグリーン(?)に光っています(写真じゃウマく伝わらない!)。

IMGP0284_2.jpg

緩いカーブを描きながら、漕がなくても進む下り基調の素晴らしいコースです。
左右から大小さまざまな滝が降り注ぎ、すぐ左には渓流が音を立てて流れています。
これ、コースが逆回りなら素晴らしさ半減だな。
最高です。この設定。

IMGP0285_2.jpg

おー。滝だ!(注:当ブログでは滝の名前等の解説はありません。気にしていないから(爆)。)

IMGP0288_2.jpg

ああ、もう、本当に美しい・・・・。

IMGP0289_2.jpg

一眼レフカメラとかで撮ってみたいなぁ。。。。

IMGP0291_2.jpg

いやぁ、上記の写真以外にも滝の写真を撮ったり、走行しながら景色を撮ったり大はしゃぎだった訳です。
渓流脇は遊歩道になっていて、結構な方が散策を楽しまれていましたね。
ご年配の団体の方がとても多く、大きな三脚とごっついカメラ(みんな高級機種!)で渓流や滝の写真を撮っていらっしゃいました。

ん?時刻はAM11:50
ぐぁ。何やってんだ。正午には登坂を始めるのではなかったのか。
でも、スタッフさん言っていたなぁ。
「13:30迄に登坂を開始すれば、PC2には間に合います。」って。
リアル貧脚的にはそれを1時間早めて12:30に登坂を開始すればビクトリーなんでないべか。
そうだ。そうだ。そうに違いない。
これから待ち受けるのは標高差800m/16kmの大物八甲田山。自分はリアルに時速5km/hしか出せないでしょう。
ってことは、5km/h x 3hrs = 15km
ちょっと頑張った上で、たっぷり3時間かければPC2には間に合うね♡

→要は、お腹がすいていたんです(ToT)

本当は十和田が誇る(?)B級グルメ、バラ焼きというのを111.1km地点にあるドライブインで食べたかったのですが、日曜のお昼時、注文してから食べ終わる迄何分かかるのか不確定だったので、余裕がない私には縁のないものだと諦めておりました。夜にどっかで食べれるしょ・・・・。

茶店的な休憩所を見つけました。
お、久々ブルバーが。
「いやぁ。景色、超綺麗ですね!先に進みまないですもんね。」
そんな会話をしながら、私は休憩所に入ります。
私は休みに入るところ、話しかけた方は休憩終了後。んー。誰にも追いつかんなぁ、こりゃ。

IMGP0292.jpg

アイスうめー。

IMGP0293.jpg

で、アイスを食べている間に「月見うどん:450円」が完成、と。
うーん。見事なタイムマネージメント♡。
そして、ウマい!
完汁もしましたし、水分、塩分と炭水化物が染み込む染み込む・・・
いやぁ。トータル20分のナイス休憩。

再び下り基調の道をするすると下りきり、運命の111.1km地点に到達しました。

十和田200Qseat16

くっ。すぐそばに見える食事処:桂月さんが羨ましい。何台か自転車も停まっている。いつか、きっと・・・・。
今回、トップチューブに付けたiPhoneで上記の様に事前に作った自作のコマ図を表示させながら走っていました。
すっごい便利。ダンシングの時に膝に当たらなければ完璧なのになぁ。
ベルクロが膝に当たって、ウェアの膝がボソボソになって来てしまったし。
雨なら使えないでしょうけれどね。






さぁ、時刻は12:20。PC2のクローズは15:32
これから16kmにわたる登坂が始まります。
奥入瀬渓流で思いっきり1時間経ってしまいました。でも、きれいだったから、いいか。
3時間で16km登っていけばいいんだもんね。

高低図1117

ここから始まるすっごい登り。
やっぱり勾配は10%を簡単に超えてきます。

IMGP0296.jpg

最初は青々と綺麗だった森林に・・・

IMGP0297.jpg

雪の姿が目立つ様になってきました。

IMGP0298.jpg

なんか、勾配が緩い時に写真を撮っているもんだから、写真では急に見えませんが、ほんとツラいんですって!
5%勾配とかが楽に感じるくらい。ま、それでも10km/hは出ないんですけれど。
ともかく、つづら折りの様なところに来ると、garminさんが「遅過ぎwww」って感じで時速も勾配も表示してくれなくなる程にツラいんです。
私の脚力ではインナーローにしても重過ぎて、うぅぅうぐぐう、ぐぎぎぎぎぎ。。。。

そうこうしているうちに、バラ焼きを堪能された方達が続々と私を抜いて行きます。
ううう。ウサギと亀か。。。いや、豚か(ToT)。

はぁはぁ。はぁはぁ。
登り始めてから1時間は経過しました。
トップチューブのiPhoneに目を落とします。

十和田200Qseat1999

以下、文字を読んでいった時の自分の感想です。

もう、自分へのエールとか、恥ずかしいなぁ。。。。
えーと、引き算するとやっと8.8km登ったってことね。
あと、7.3kmあるのね。おー1時間ちょっとで行けちゃうんじゃないか?
意外と余裕がww
ん?ここからPC2まで23.4km? そんなにあるの? え?


事前学習は完璧にしていたつもりでした。故に高低図は持って行く必要がないと作りませんでした。
目先の目標だけを見て逆算してしまっていました。。。。
もう一度、高低図をおさらいしましょう。

sonzai.jpg

ああああ。傘松峠頂上からPC2までの16kmの存在を忘れていた!!

嘘の様な本当の話。
なになに、どどどど、どうすんのさ、これ。
このミスに気がついたのは13:30。頂上到着は多分14:30過ぎでしょう。
15:32までの1時間で16km走れるのか・・・・。
いや、平地なら行けるんです。くせ者はPC2までの間に登り返しが2度あること。ここも当然10%以上の勾配があります。参加された方のブログを見ると、去年は皆、この登り返しでいいだけやられている様です。
こ、こりゃ、ダメかもわからんね(ToT)。
一瞬、札幌で私の挑戦を応援してくれている皆の「ほらね。言ったこっちゃないww」という邪悪な笑顔が脳裏に浮かびます(苦笑)。
まだだ。まだ終わらんよ。。。。

IMGP0300.jpg

はぁはぁ。ふうふう。
時速は5km/hですが、全力を出していることには代わりありません。これ以上急ぎようが無いのです。
うぐぐぐぐ。ぐぎぎぎぎ。
足の筋肉が張ってきました。
も、もう、漕げない。やっぱり、痩せないとダメよ。からだ重過ぎでしょ、これ。
それにしてもうどんって消化良過ぎっっっw お腹も減って来た・・・。
一体何%あるのか、経験したことの無い様な傾斜の中、たまらず自転車を降りて歩きだします。
絶対に止まらない。降りても筋肉のストレッチをしながら歩き続ける。
自転車を押し、時速3.4km/hを出しながら、バッグに忍ばせていたウィダーインゼリ−でエネルギーチャージ。
乗って5km/h, 歩いて3.4km/h, 写真の様なところでは7km/h+α....
森が、無くなって来た・・・・

IMGP0301.jpg

ちょっっwww
急いでいるんだから、交互通行とかやめて下さいwww


IMGP0302.jpg

登り始めて2時間ちょっと。
あれは、もしや・・・・

IMGP0303.jpg

ぅおおおおおっ!!頂上!
停まってられませんから、走りながらの撮影(我ながらよくやるわw)。
時刻は14:17。

1時間15分で16km。いけるか!?!?

IMGP0304.jpg

おまえかっ!お前が八甲田山か!!(よくわかっていない)

さぁ、下れー。下れー。
地味に立ち寄るのを楽しみにしていた(おまんじゅう食べたかったのw)酸ヶ湯温泉もスルーだー。
なんだよ、こっち側は雪解け水で道路がびちゃびちゃじゃないか。
気を付けて下れー。下れー。
ぬぉ。登り返しwww
のぼれーのぼれー。
ぐはぁ。歩けー。歩けー。
とにかく止まるなぁ。
お?遠くに同じく歩いている若者が。
頑張れー。頑張れー。
よーし、おじさん、追いついちゃうぞー!こっちは自転車に乗って時速7km/h出しちゃうぞー!(遅)
うわ。君、もう歩くのやめちゃうの?追いつけねー。
ぐはっ。無理をして脚にキタ。
ダメだー。歩けー。歩けー。

下りは飛ばしましたがね。すっごい集中しておりまして、路面状況の把握とか、荷重移動やら、コーナーへの入射角やらバイクのバンク角やら、もう、走りは完璧だった訳です。
危なさを感じること無く、速い。
我ながら、よく頑張りましたよ。
ここでパンクとかしたらアウトでしたね・・・。

PC2: 銅像茶屋(143.2km) 15:10頃到着。
IMGP0306.jpg

えーん。えーん。
間に合ったよー。
あと後ろ何人いるんですか?
ん?二人?
待ちますー。一緒に待ちますー。
スタッフさんや、朝から何度もお会いしている方(多分YO-TAさんですね。以前からblog読ませていただいておりました ^^)、うさぎと亀ごっこをして来た若者達(皆綺麗なバイクに乗っていたなぁ)と一緒に銅像茶屋前で休憩です(虫多い)

IMG_4936.jpg

おでん(500円)を食べながら待ちます。
んー。見た瞬間美味しそうで注文してしまいましたが、炭水化物が足りないw。
名物のお餅とかにしておけばよかった。。。

結局、最後の一人は15:32に間に合いませんでした。残念。無事に帰り着くことが出来ます様に。
スタッフさんも撤収され、周囲の参加者の皆さんもゴールに向かって走りだし、銅像茶屋にひとりしばらくたたずんでいました。
ああ。面白かった。ここ、また絶対来よう。今度は頂上で写真を撮って、酸ヶ湯温泉にも立ち寄るんだ。。。。
体を突き抜ける安堵、満足感。
残りは63.6km。4時間程。下り基調。いけるでしょ。

IMGP0307.jpg

まぁ、もう、全然平地でもスピードは出ないんですけれどね(涙)
力が入らない。。。。やはり糖質とカフェインが欲しい。。。。

いやぁ、赤コーラっていうのはスゴイ飲み物ですね。
途中の売店でコーラを飲んだあとからは大層力を取り戻しまして、休憩無しで一気にゴール地点迄走りきることができました。

IMGP0309.jpg

↑こんな風景も道民的には異国情緒www(函館在住者を除く)

IMGP0311.jpg

八戸の町が見えて来た・・・。

IMGP0312.jpg

18:30頃、ゴール!!!


いやぁ。楽しませていただきました。
途中、どこかで休憩されていた方を抜いたようですが、ま、殆どビリですわwww。
どこの土地に行ってもそれは同じですね。
スタッフの皆様には大変お世話になりました。最高に楽しめました。有り難うございました。
無料でお風呂に入れてもらって、その間、自転車をみていてもらって(安心)、感謝感謝です。
惜しむらくは、夜の交歓会には出席せずに、このまま北海道へ帰るということ。。。
あと3.5時間後には出航ですからっっw
・・・いやぁ、なぜこんなプランニングをしたのか(汗)。
次回は泊まります。
そして、翌日に朝市に行ったりとか、八戸を満喫致します。
一応、予定としては今回で十和田200kmは最後らしいのですが、いつか復活するといいですね。

で、お風呂上がり。
八戸市内のみろく横町(屋台村ですね。帯広の屋台村をモデルにしているらしいですが、彼の地と違ってこちらは大賑わい。)へと移動し・・・・・

一人反省会を。

IMGP0313.jpg

Yeah〜♡

記念写真を撮ってもらいました。

「日帰りで八戸だなんて、何しに来たのさ?」

と店員さんやお客さんに突っ込まれながら・・・

IMGP0315.jpg

せんべい汁〜。美味〜。

IMG_4938.jpg

サバの冷薫〜。美味〜。
(お醤油、わさびのみ、レモン、それらのミックスと色んな食べ方で食べてねってさ。ひつまぶしみたいw)

いやぁ。堪能しました。



関連ランキング:和食(その他) | 本八戸駅



お店を出たら、屋台村で食事をしにしていた若いカップルに「ビアンキ格好イイッすね!ボクもロードバイクとスピードプレイに興味がありまして・・・」と声をかけられ、しばらく会話。
大変気分を良くしつつフェリーターミナルへ(輪行体勢→タクシー)。

22:00出航。
6:00に苫小牧港着。
9時過ぎには家に着き、今年一番の快晴だった札幌の空を若干恨めしく眺めながら、その日は家族サービスにつとめたのでありました。

十和田200に関してはこれにて終〜了〜。
長々とお読みいただきまして有り難うございました。



------------
「乙」と思われる方はクリックをお頼申します↓

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記(目標体重 60kg台)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Date: 2013.05.31 Category: ブルベ  Comments (20) Trackbacks (0)
カウンター
プロフィール

タッチ

Author:タッチ
痩せたいと言い続けて早15年。
「今度こそ、変われるかもしれない。」って思った自転車でも駄目だったんだからもう一生ブーデーなのでは?
そんなアラフォーデブ@札幌のブログです。自転車で駄目なら水泳とランニングも足してやれ!そしてIRONMAN JAPANの大会に出てやれ(そしてその時に目標体重になっておれ)!が最終目標です。
startは2011.1.3。175cm, 87kg, 体脂肪30% ! 目標は60kg台ね(爆)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2203位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
161位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
Wiggle
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

週2回のランのトレーニングをサボっていないかを確認!Jognote
DietClub
日本ブログ村ランキング
Amazon自転車グッズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。