スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

BRM525東京200十和田でダイエット:part2~絶景という罠へのプロローグ~

出ようと思った心境編
準備編1
準備編2
Part1

5/25AM4:45。定刻に船は八戸港に到着しました。
下船し、ターミナルの建物の前のバス停のところで自転車を組み立てます。

IMGP0244_2.jpg


前にはフロントバッグ。
後ろには着替えなどを入れたsuewのFC-βの上にOLTLIEB Lを乗せ、背中にはリュックを背負っています。
今回、ナイスなことに、ゴール地点の熊の湯温泉での無料入浴券を頂くことができる上、荷物をゴールまで預かっていただくことができるとのこと。
リュックとsuewのサドルバッグを預けることができたおかげで最低限の荷物で走ることができました。

IMGP0245_2.jpg

ん。ナイスなお天気。朝日がまぶしいなぁ(嬉)。
ターミナルの前ではAJ北海道会員の皆さんも自転車を組み立てています。

IMGP0246_2.jpg

簡単なご挨拶をさせていただき、スタート地点である八戸駅に向かって走り出しました。
・・・今年の札幌はひどいですが、八戸も結構路面が荒れていますな。。
なんてことを考えながら走っていくとローソン発見。
スタート地点直近にもコンビニがあるようですが、人が殺到している可能性もあり、ここで補給用のスポーツドリンクなどの水分や補給食を確保しておこうか、と。。。。
お店を出るとAJ北海道の皆さんのトレインがちょうどやってきました。
「すいません!後ろにつかせて下さい!」(←ちゃんと聞こえたかな、これ?)
と、一声かけさせていただいて、八戸駅までコバンザメのようについて走らせていただきました。

IMGP0247_2.jpg

八戸駅到着は午前5:35
既にブリーフィングが始まっていました。
みんなスリム(爆)

IMGP0248_2.jpg

いくつかの注意点を聞き、受付をして荷物を預け、車検を受けてスタートをします。
既に前日入りされていた方たちはスタートをしてしまっていましたが、北海道組は再度ブリーフィングで聞き逃した点を確認してからの出発です。
なんでも、雪解け水が道路に流れ込んでいる箇所が多く、路面も悪いので、前日のスタッフさんによる試走でもリム打ちパンクをしてしまったりと結構大変だったらしい・・・・。こりゃ、自分はパンク1回は絶対やっちゃうな。。。

IMGP0249_2.jpg

ともかく、いきなり最後尾近くになりながらも5分ほどのボーナスタイムを得てAM6:00スタートしました。
ま、最初は平地区間ですから誰か彼かに追いつくのかなぁなんて走り始めましたが、誰も見えてきません(汗)。
やはり、つらいつらい山岳ブルベ。脚力のある方しかいらっしゃらないんですね。
昨年は30名以上が全員完走したとのこと。
・・・・今年は、まさかの自分だけDNF(汗)。
いえね、私はおこがましくも「リアル貧脚であっても、パッションがあれば乗り切れるのではないかしら。」なんて思っていたのですよ。
平地でもこの体たらく。一緒にスタートしたAJ北海道の方からも早々に離されてしまいました。。。
途中一緒に走って引っ張っていただけそうにもなりましたが、一つ目の小さな峠道であっさりと付いていけなくなります。
「ふ。。。。これがリアル貧脚ってやつさ。。。」
若干、悲しい思いをしましたが、マイペースで参りましょう。なるようにしかならないんですから。

カラカラカラカラ・・・・

リアディレイラー付近から異音。どうも変速がうまくいきません。
28Tには入るものの、24T,21Tにうまく引っかからない症状。
やっぱり、輪行とかして持ち運んでいると調子を崩してしまうのか・・・。
休憩時に調整をすることにしてそのままカラカラと走っていると、後ろからスタッフさんの車が追い越していきます。
「がんばれ~!」
窓から顔を出して笑顔でエールを送って下さいました。
こういう応援は嬉しいものですね。で、カラカラ言わせていている私の姿を見て、

「大丈夫かな、あれ・・・・」


とつぶやきながら走り去っていくスタッフさんのお姿・・・(涙)
そんなにヤバイ感じですか、私?(涙)

とにかくまぁ、じわじわと走り続けていったわけです。
嬉しかったですねぇ。
生まれも育ちも北海道な道産子ならわかるのではないでしょうか?
「お、俺は今、自分の自転車で本州を走っている!!」
という興奮。この非日常感が嬉しいのです。
明らかに北海道とは違う風景、町並み。
瓦屋根。青々とした木々。まっすぐに伸びる杉の木。田植えの作業。
北海道はまだ土起こしの段階ですが、もう水が張られて苗が植えられていますね。
ああ、もう、楽しい・・・。

IMGP0256_2.jpg

これから本格的な登坂が始まる前の最後のコンビニで朝に買ったおにぎりを補給。なんだ、ここで買えばよかったジャン(ToT)。なんか変なことしているなぁ、自分。
5分ほどでおにぎりを二つごっくんごっくん食べ、トイレを済ませてすぐに走り出します。

IMGP0253_2.jpg

気温もスタート時点の5℃(寒)から14℃まで上昇してきました。
ウィンドブレーカーを脱ぎ、走り出します。
すると、

シャー!

という音が。おおお。サドルバッグのアタッチメントが外れてブランブランにぶら下がっている。
泥除けを着けていたおかげかタイヤに激しく巻き込んだりもせずに復帰。

ああ。菜の花畑。にんにく畑。いい。。。。

IMGP0257_2.jpg


シャー!


あ、また!
同時に後ろから「サドルバッグが外れましたよ!」の声。
ありがとうございます。ありがとうございます。
「大丈夫ですか?」とお声までかけていただき、痛み入ります。ブルベに出ている人って、ジェントルマンが多いなぁ。。。
いやぁ、恥ずかしい。なんか、固定が甘くって。。。。

IMGP0264_2.jpg

今度こそしっかりと固定されていることを確認して、最初の名もなき峠へ。
うえぇええ。。きつい。
急だぞ。こんな峠は今まで走ったことがないぞ。。。(避けていただけ)
北海道の中山峠も毛無峠も、峠といわれる峠はできるだけ避けてきたもので、この感じは先が思いやられます。
この辺から森林の中を走り、周囲には川や小さな滝が多く見られるようになって来ました。
これは気持ちがいい。

IMGP0259_2.jpg

気温が高いせいか、北海道ではまだほとんどお目にかかれない虫アタックにやられます。
あーたしかに、暖かい時期って虫がぶつかってくるよなぁ、って久々の感覚を味わいながらだらだらと登坂を続けます。
この段階で、ほぼ最後尾近く。早すぎるよ、脱落。というか、速すぎるよ、みんな(涙)。

体重が軽くなればみんなと同じスピードで走れるんだろうか。15kgは重ししょってるみたいなもんだものなぁ。
なんてことを考えながら。。。。

IMGP0260_2.jpg

いくつかある覆道を抜けて

IMGP0262_2.jpg

秋田県に突入し、発荷峠を目指していくわけです。
登坂していると、道路の下を覗き込んでいる方が。先ほど、サドルバッグの脱落を教えて下さった方かな?
”ゴーッ”って音が聞こえましたからもしやと思って覗き込んでみると・・・

IMGP0263_2.jpg

おー。滝。
こういう観察眼というか、センサーって大事だなぁ。
「シャッタースピードを遅くして、滝の流れを綺麗に表現したらいいですよ。」
おおう。こだわりの撮影技術。アタシのデジカメ、そんな機能付いてないです。多分(ToT)。

その後、ややしばらく坂に喘いでいると、スタッフさんの姿が見えてきました!

IMGP0266_2.jpg


PC1:発荷峠 AM10:03 到着。

この時点で私の後ろには2人だけ。本当にいきなり最後尾近いんだもんなぁ。。。なんかすごい。
おにぎり2個の効果はとっくになくなり、おなかがすいていました。
ここでミネストローネ(withパン2枚)と地元の名物、きんか餅を頂きます。
ありがたいなぁ。

IMGP0268.jpg

IMGP0267_2.jpg

IMGP0269.jpg

鍋の中を撮った奴は美味しそうに見えませんが(汗)、美味しかったんですって!!
どうやら残りの人数も少ないとのことで「おかわり自由コール」がかかったようですが、聞き逃してしまい(痛恨)、休憩5分ですぐに走り始めます。。。。いえ、食い意地が張っているだけです。量は十分でございました。とってもおいしかったですしね。本当にありがとうございました。

さぁ、急ぎます。そりゃぁ、急ぎますよ。
ただですら遅いですし、ここから先は、確実に私がはまってしまう罠が待っているんです。
そう。美しい景色という罠が!!

出発して数100m。。。。
展望台に到着です。

IMGP0270.jpg

それではご覧頂きましょう。パノラマで撮ってみました。
発荷峠展望台からの十和田湖の眺めです(クリックで拡大します)。



panaaoa.jpg

鏡の様な湖面に遠くには雪をいただく八甲田山。
やばい。。。。興奮して来た。。。。

実は、PC1は10:30に着けば上出来と思っていたんです。
それが10:00ちょい過ぎには着いたものですから、よせばいいのに写真を撮りたい気持ちがむくむくと・・・・
ここからは、十和田湖畔、瞰湖台、奥入瀬渓流、八甲田山と美しい景観の場所が目白押し。
そして、私はこのときミスを犯している事に気がついていません。
長くなりました・・・・それは次回に。
(つづく)



------------
「ミス?」とおもいつつ応援していただける方はクリックをお頼申します↓

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記(目標体重 60kg台)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Date: 2013.05.28 Category: ブルベ  Comments (6) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

ちゃじ

Date2013.05.31 (金) 12:34:07

なんだか怖くなってきました(笑
不安一杯(笑

pen

Date2013.05.31 (金) 13:40:47

子供の頃、青函連絡船で青森に降りたとき、明らかに違う空気だと感じました。
そうですかよかったですか! 久しく行ってないなぁ~東北。
 レポ楽しみです~^^  ミスは、色々想像を膨らませておこうっとw

mugen

Date2013.05.31 (金) 19:32:43

レポ読んでいて、他人事ながらドキドキします。
明らかに北海道と違う感じがして、わくわくします。
PC1まで予定よりも早く着いて、余裕ですね。

来年あれば行ってみたいなぁ~。
いや待て待て、これからが八甲田山への本格的な登りのはず。
そのレポ見てから判断しましょう。
続きを期待しています。

タッチ

Date2013.05.31 (金) 21:14:55

ちゃじさん、コメント有り難うございます。

> なんだか怖くなってきました(笑

ええ。いつものケアレスミスでございます(涙)。
お子様をこんな子に育ててはいけませんよ・・・・(滝涙)

タッチ

Date2013.05.31 (金) 21:26:21

penさん、コメント有り難うございます。

> 子供の頃、青函連絡船で青森に降りたとき、明らかに違う空気だと感じました。

ですよね。明らかに湿度が違っていて「蒸す」ような感じ。
でも、今の時期は全くもって道央圏と道東の気候でしたよ。
関東からの参加者の皆様は朝→昼→夕の気温差が激しくて驚いたのではないでしょうか?

> そうですかよかったですか! 久しく行ってないなぁ~東北。

あのねですねぇ。penさんやmugenさんご夫婦には本気でお勧めです。
フェリーを使ってストレスなく八戸に降り立って、翌日は130km走って酸ヶ湯温泉or八甲田温泉へのヒルクライム。途中の発荷峠、奥入瀬渓流ではもう、自動車旅行では考えられない素晴らしい体験が出来るでしょう。
ほぼチェックインタイムと同時に旅館についてご夫婦一緒に温泉に入り(混浴!)、山菜が中心の美味しい料理を食べて次の日は八戸へのダウンヒル。
なんだったら、八戸にも一泊すれば200店舗以上が店を開くという朝市を堪能することが出来るらしいです。
来年は八戸一泊だ!!と気合いが入りましたが・・・・十和田200kmは今年で一旦ピリオドということらしいですね(猛烈に残念)。

タッチ

Date2013.05.31 (金) 21:33:19

mugenさん、コメント有り難うございます。

> 明らかに北海道と違う感じがして、わくわくします。

ブルベの良さって、その要素が皆無ではないにせよ単に速い遅いということでなく、冒険心がくすぐられる点にあると思うのです。レースではなくて「旅行」ですよね。
今回、私もとってもワクワクしました。初めて道外を走るのには十和田200は大都市中止部を走るとか難しいことはなかったので、入り込みやすかったですよ。それでいて、異国情緒(?)も味わえるという・・・・
登坂の斜度もそうですが、ダウンヒルにも北海道とは違う独特の操作が必要とされます。おっと、それは次回の講釈で・・・・

> PC1まで予定よりも早く着いて、余裕ですね。

んーん。後ろから三番目という時点で見通しが甘い(&自分に甘い)ということがわかりますよね(涙)。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


カウンター
プロフィール

タッチ

Author:タッチ
痩せたいと言い続けて早15年。
「今度こそ、変われるかもしれない。」って思った自転車でも駄目だったんだからもう一生ブーデーなのでは?
そんなアラフォーデブ@札幌のブログです。自転車で駄目なら水泳とランニングも足してやれ!そしてIRONMAN JAPANの大会に出てやれ(そしてその時に目標体重になっておれ)!が最終目標です。
startは2011.1.3。175cm, 87kg, 体脂肪30% ! 目標は60kg台ね(爆)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3677位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
264位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
Wiggle
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

週2回のランのトレーニングをサボっていないかを確認!Jognote
DietClub
日本ブログ村ランキング
Amazon自転車グッズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。